見えない部分の可視化時代

遺伝子検査に関する技術も随分と進化し、一昔前ならば考えられないくらい手軽になりました。
遺伝子検査は、医学が発達した現在において可能となったものです。
最近では遺伝子検査キットなるものが格安で販売されるようになったそうです。
病院では数十万かかってしまうものが、検査キットだと半分ほどの金額で検査出来るのだとか。
技術が進歩し自らの遺伝子をとても簡単に検査できるようになっていますよね。

言ってみれば、その人の人間としての情報を取り出すことができるようになったと言っても過言ではないでしょう。
そこには、倫理観の問題もあります。
1人の人間を数値化や記号化して表すことへの抵抗もあります。
ただ、医学は発達しています。
単に情報だけを取り出す時代ではなく、どういう病気になりやすいかのリスクが分かります。
100%絶対ではなくあくまでも発症しやすいという可能性ですが。
しかしそのリスクを回避できれば、もし仮にそのリスクが難病であった場合は、遺伝子レベルで治寮し寿命を1日でも伸ばすことが可能となるのです。
また発症避けるための対策を考えたりする事も出来ます。
癌や病気は遺伝子がすべてではなく生活環境も大きな影響ともいえます。
喫煙による肺がんや紫外線による皮膚がんなどは多くの皆様に知られていると思います。

MYCODEは一般的に行われている、単純な遺伝子検査だけではありません。
どのような病気のリスクがあるのか、どのような体質の持ち主なのかを明確にした上で、管理栄養士などの専門家から生活改善の提案を受けられるサービスを提供しています。
参考:MYCODE(マイコード)の口コミ・評判

遺伝子を調べて病気のリスクや今の状態を知る為に活かせることはとても重要な事で、すごいことです。
人間が、体内の見えない部分の情報を知ることができる時代。
その見えない部分が可視化できるようになっていることを個人個人がしっかりと認識し、メリットもデメリットも熟考した上で用いれば、遺伝子検査はその人の未来を変える力となるでしょう。

遺伝子というと少し前にこんなニュースが世間を騒がせましたね。
とある芸能人の方が自分の息子との親子関係を鑑定すべく遺伝子検査を行ったという、あのニュースです。

正直この話を聞いた時には、なぜ自分の息子を信じれないのだろうかと、不思議に思っていたものですが、よくよく話を聞いていくと、背景には複雑な事情が絡まりあっていることに気づかされます。
結局、その親子の鑑定結果は、「99.99%血のつながりが無い」ということが判明し、なんとも後味の悪い結末となりました。
うーん、一体全体これによって誰が得をしたのでしょうか、そして誰が悪なのでしょうか。
まあ、単純に善悪や損得で区切ることのできる問題ではないとは思いますが、なんだかねえ。
考えれば考えるほどよくわからなくなってきますが、これからは、生まれてきた赤ん坊をその場で鑑定するような仕組みが広まれば、後々のトラブルも回避できるのでは?と考えているような今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です